いくら洗濯しても汗臭い!なぜ?

洗濯物

暑い季節になると、汗をたくさんかくようになります。子供がクラブ活動などをしている場合には、余計汗臭い洗濯物が増えます。汗びっしょりの洗濯物は、意外とニオイが落ちないのです。

 

洗濯物が汗臭くなる理由は、増殖してしまった雑菌が原因となっています。子供が、汗びっしょりになってクラブから帰ってきて、汗まみれの洋服を洗濯かごに入れたままにしている間に、雑菌は増え続けているのです。

 

しかも雑菌は高温多湿が大好き。夏、濡れたタオルとか、汗をかいて湿っている中は、もっとも雑菌が喜ぶ環境となっているのです。そのためどんどん臭くなっていってしまいます。こうなってしまうと、一度洗っただけでは臭いをとることがなかなかできません。

 

汗臭いニオイは洗剤選びで解消

洗剤

汗臭い服の臭いをきれいに消すためには、臭いの元をきれいに洗剤で落とすことが大切になってきます。服の臭いを消すためには、臭いの原因と洋服の素材によって洗剤を選ぶことが大切になります。

 

麻や木綿の洋服は、弱アルカリ性の合成洗剤を使うことが大切です。外でかいた汗や皮脂汚れなどを落とすことができます。しかし、洗剤の洗浄力がとても強いので、生地がデリケートな洋服には使わないことが大切です。

 

ウールやシルクなどのデリケートな素材の場合には、中性の洗剤で洗うことが大切になってきます。油性の汚れは取りづらいのですが、数回にわけて洗うことで、きれいになりますし洋服も傷みません。このように洗剤を選ぶことで、汗臭い臭いを消すことができます。

 

洗濯機もこまめに除菌しよう

洗濯機

何度洗濯をしても、いろいろな洋服の汗臭い臭いがとれないといった場合には、洗濯機が原因のことが多くあります。そのため、定期的に除菌をすることが大切なのです。

 

自分が想像をしている以上に、中は汚いものです。カビがはえていることもありますし、汚れや糸くずなどがたくさんたまっていることもあります。そのため、定期的に除菌が必要なのです。

 

除菌に使うのは、酸素系の漂白剤です。酸素系の漂白剤を使って除菌をすることで、次々に黒カビがはがれていくのがわかります。この黒カビがはがれていくだけで、汗臭いニオイがつきにくくなります。また、日々たまっている汚れを洗い流すだけで、洗濯物に汚い汚れがつくこともありませんし、とてもきれいな仕上がりになります。

 

>> 【脇が汗臭い】ワキガ?加齢臭?  TOP