なぜ?服(Tシャツ)が汗臭い

臭い

Tシャツが汗臭いと、それだけで気分が下がってしまいます。満員電車などに乗っているときに服が臭いと、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。Tシャツが汗臭くなってしまう原因ですが、かいた汗が原因ではありません。実は、かいた汗というのはほとんどの場合が無臭なのです。

汗臭いニオイが発生してしまう場合は、体から出たタンパク質とか、皮脂や汚れなどがまざった汗を常在菌が分解するときに、臭いが発生してしまいます。何度洗濯しても汗臭いニオイがとれない服は、細菌が原因となっています。

一度ついてしまった細菌は、通常の洗濯ではなかなか落とすことができないのです。細菌が取れないうちはいくら洗濯しても臭いので、きちんと洗うことがとても大切になります。

 

汗臭くなりやすいポリエステル

ポリエステル

服の中には、汗臭くなりやすい材質のものがあります。特に汗臭くなりやすいものに、ポリエステルの洋服が挙げられます。ポリエステルは、吸水性や発汗性に弱い素材となっているため、どうしてもこもりやすくなっています。そのため、特に汗臭くなってしまうのです。

 

逆に、レーヨンなどの材質の服は、とても通気性がいいので、汗臭いニオイがこもってしまうこともありません。ポリエステルのようなことにはならないので、臭いが気になる場合には、材質がレーヨンのものを選んで購入することがおすすめです。

 

材質をきちんと考えるだけで、かなり臭いも軽減されるものです。インナーを着ることで、さらに臭いを軽減させることもできます。材質を知っておくだけでかなり安心できます。

 

服の汗臭いニオイを消す方法

柔軟剤

服についている細菌は、普通の洗濯では簡単にとることができません。そのため、何度洗濯をしてもいつまで汗臭い臭いが消えなくて、自分も不快ですし周囲にも迷惑をかけることになってしまうのです。汗臭い服には、
除菌・漂白成分入りの洗剤を使う

 

除菌・消臭スプレーを使う

 

香料入りの柔軟剤を使う

 

が即効性があります。

 

最近では、汗や水分などでいい香りがたつ柔軟剤もたくさん販売されています。そのような柔軟剤を使うことで、外出先で汗をかいてしまっても安心できます。また出かける前には、除菌効果をがある衣料用のフレグランススプレーを吹きかけておけばさらに安心できます。服の汗臭さは、少しの工夫でかなり軽減できます。

 

>> 【脇が汗臭い】ワキガ?加齢臭?  TOP